aboutcherq of チェルノブイリ救援・中部

特定非営利活動法人 チェルノブイリ救援・中部
The Association To Help Chernobyl,Chubu-District,Japan

チェルノブイリ救援・中部について

原さんと手伝う子供.jpg
チェルノブイリ原発事故は1986年4月26日に起こり、広島型原爆500発分に相当するセシウム137などの放射能をばらまき、今もなお汚染地域の人々の生活に大きな影を落としています。チェルノブイリ救援・中部はウクライナのチェルノブイリ原発事故被災者への支援を通じ、現地の自立を目指すNPO法人として活動。「チェルノブイリ原子力発電所事故および福島第一原子力発電所事故の被災者を救援する事業を行い、国際協力と人権の擁護に寄与すること」を目的としています。

団体設立のきっかけ
1986年4月26日に旧ソ連ウクライナ共和国でチェルノブイリ原発事故が発生。1989年に現地から名古屋工業大学の山里真助教授へ支援要請が寄せられ、中部地区の有志が集まり、1990年4月、ウクライナの被災者への支援と現地の自立を目指し『チェルノブイリ救援・中部』を発足。
ウクライナ・ジャーナリスト連盟傘下の「移住基金」が窓口として援助活動を開始する。
1990年8月には日本の民間団体として初めて援助物資を持って現地訪問をする。 2000年2月にNPO法人格を取得し、現在に至る。2012年現在、正会員は38名、賛助会員は950名(個人/団体)。

組織概要 

組織概要

団体名
特定非営利活動法人 チェルノブイリ救援・中部
所在地
〒466-0064
愛知県名古屋市昭和区鶴舞3-8-10 愛知労働文化センター内
TEL /FAX : 052-732-7172(月水金 10:00〜17:00)
E-mail : chqchubu@muc.biglobe.ne.jp
理事長
原富男
会員数(2013年6月現在)
正会員36名(個人/団体)
賛助会員945名(個人/団体)
設立年月日
1990年4月 2000年2月NPO法人認可
援助事業対象国
ウクライナ、日本(福島)
機関紙
「ポレーシェ」隔月発行、リーフレット
活動目的
チェルノブイリ原発事故で被災した人々に対し、医薬品・医療機器支援や、現地人材育成支援。福島原発事故により被災した人々のための支援。また原子力災害についての国内向け情報発信を行う。
活動実績
ウクライナ被災地の病院へ医薬品や医療機器の提供
放射線で汚染していない粉ミルクの提供(ウクライナ)
クリクマスカードや文通のかけはし
講演会、バザー等のイベント企画・運営
学校の校外活動への協力
菜の花土壌浄化、BDF、BGの循環型地域エネルギーの創設
南相馬市の空間放射線量率の測定・マップ作成
現地活動団体(カウンターパート)
チェルノブイリ・ホステージ基金
海外の協力団体
ジトーミル農業生態学大学、他

現在の活動 

現在の活動状況  

●ウクライナ・ナロジチ地区での菜の花プロジェクト進行
 (菜の花による土壌放射能吸収、BDF、BGの循環型地域エネルギーの創出)

●会報「ポレーシェ」の発行(隔月刊)

●医療機器・試薬などの医療援助の継続

●汚染されていない粉ミルクの提供

●クリスマスカードを送って現地との交流

●日本・ウクライナ共同シンポジウムの開催

●ウクライナから関係者を招いての現地報告会(1996、2003、2009)

●日本人現地サポートスタッフによる現地報告会開催(ほぼ毎年)

●チェルノブイリ写真展・絵画展の開催

●バザーの開催(民芸品などの販売を通しての活動紹介)

●現地スタディーツアーの開催(1996、1999、2001、2006、2008)

●南相馬市での空間放射線量の測定とマップ作成(2011年7月、11月、2012年4月)

●南相馬市での食品測定室の運営サポート(2012年2月~)

イベント・企画 活動実績(PDF)

これまでのあゆみ

活動報告

LinkIcon詳細情報はコチラ
1990年 4月 チェルノブイリ救援・中部発足。
      8月 日本の市民団体として初めて現地を訪問。
         (以来、年2〜3回、視察団を派遣)
     12月 ミルクキャンペーン・クリスマスキャンペーン実施。
         (以来、年末恒例の行事として定着)
1991年 3月 カレンダー18000名を作り、現地のバザールで販売、移住者の為の家(2軒購入)
      8月 現地新聞社のネチポレンコ氏と州立小児病院のアルチュフ医師を招待。
         講演会を開く。
1992年 4月 名古屋市内に事務所を開設
      6月 現地医師3名を日本に招待し、1ヶ月医師研修を実施。
         (以来、延べ9人の医師が来日)
1994年 6月 被災地の小児病院に保育器を贈るため「いのちのゆりかごキャンペーン」実施。
         救援・中部のスタッフがキエフ大学留学。
         以後ウクライナ事務局の駐在員として活躍中。
1995年 7月 現地に医師等専門家を派遣。医師体制、
         特に小児白血病等の診療の改善指導を行う。
1996年 4月 ウクライナのジャーナリスト コバレフスカヤさんを招待。
         中部地方各地で講演会を実施。
         第1回「スタディ・ツアー」開催。(14名参加)(以来、2~3年に1回定期的に開催)
      9月 「移住者の村」の支援をスタート。
1997年 2月 ナロジチ病院の給湯・給水設備工事支援。完成。
      8月 事故処理作業者の支援をスタート。
1998年 4月 事故処理にあたった消防士2名を日本に招待。
         中部地方各地で、2回目の講演会を実施。
     11月 州立小児病院に新生児用人工呼吸器を贈る。
         当病院において、(心臓手術を除く)新生児外科手術体制が整う。
1999年 4月 チェルノブイリ被災地域に住む学生のため、「チェルノブイリ奨学基金」を設立。
         (初年度は13名採用。以降、2008年まで継続し、のべ★★★人に支給)
2000年 1月 事故処理作業者の子どもたちのサナトリウム療養を支援。
      2月 医療機器のメンテナス事業をスタート。
      6月 「NPO(特定非営利活動法人)チェルノブイリ救援・中部」として、
         新たなスタートを切る。
2001年 3月 現地のチェルノブイリ事故15周年記念行事に代表参加
2003年 2月 医療機器修理技術移転のための専門家と次年度事業などで代表団4名派遣。
     10月 「チェルノブイリの祈り」の著者アレクシエーヴィチさんを招待。
         全国7ヶ所で講演会を開催。
2004年 1月 事故処理作業者支援に医薬品代40万円外貨送金
      2月 代表団4名現地訪問。医療機器修理技術移転と次年度支援事業の打合せ
      4月 絵画展「子どもの目で見たチェルノブイリ」開催。
      8月 外務省「草の根無償支援プログラム」を活用し、「ホステージ基金」として
         共同「移住者村の診療所(27ヵ所)支援」を実施。
2005年 2月 評価プロジェクトを立ち上げ、「移住者村の診療所支援」事業の評価を実施。
         (アーユス補助金・外務省補助金事業)
      3月 中古医療機器(パルスオキシメーター10台等)を空輸
         医療機器メンテナンス技術の現地への移転・教育のため専門家2名派遣
         ジトーミル工科大学と医療短大で特別講義(カタログハウス補助金事業)
     10月 ワールドコラボフェスタに参加。代表2名を現地に派遣
         ナロジチなど訪問。水道施設や学校を視察
2006年 2月 現地に代表1名を送る
      3月 中部よつば会と共催でチェルノブイリ事故20周年チャリティ・バザール
      4月 チャリティー収益金44万円は、ナロジチ区のセレツ村の水道修復事業へ
         第4回チェルノブイリ事故20周年スタディ・ツアー実施
      5月 チェルノブイリ事故20周年広河隆一写真展共催
      8月 汚染地ナロジチ地区で「菜の花プロジェクト」スタート。
      9月 ナロジチ再生・菜の花PJのために代表団派遣、現地行政、農大と協議、基本合意
2007年 1月 菜の花PJの具体化に向け代表団派遣
      3月 ナロジチ再生菜の花PJのために,栽培研究費(1000千円)を農業大学に提供
      4月 第1回土壌調査実施。約4haの畑に春播きナタネを栽培。
         以降、半年ごと(春と秋)に栽培を実施し、土壌の浄化状況などの調査を継続中。
      8月 最初の春蒔きナタネ収穫・秋蒔きナタネ播種
      9月 菜の花PJの進行状況確認のために代表団派遣
     11月 菜の花PJチャリティー・コンサート
     12月 事故処理作業者3団体に追加医療支援(1000千円)
         被災地にクリスマス・カード(2265通)贈る
2008年 1月 被災者の子ども達に奨学金支援(958千円)
      2月 菜の花PJ初年度まとめと次年度計画のために代表団現地訪問
      3月 菜の花PJ工場整備費(2000千円)、菜の花PJのバイオディーゼル装置
         (7800千円)、自家発電機、(1000千円)・バイオマス粉砕装置、
         中古自転車11台、作業衣(132着)等をウクライナに向け船便発送
         (総額9350千円)
      4月 チェルノブイリから22周年「菜の花PJ報告会」
      5月 ナロジチ・バイオエネルギーセンター設置工事のために専門家(原富男氏)派遣
      6月 NPO法人チェルノブイリ救援・中部総会
         第5回チェルノブイリ・スタディー・ツアー開催
      8月 ナロジチ・バイオエネルギー・センター設立準備に専門家派遣
      9月 ナタネ油からバイオディーゼル燃料(BDF)の試作、
         自家発電装置とトラックを運転に成功
     11月 代表団派遣。菜の花PJ関係6者協議会開催
     12月 クリスマス・カード贈呈(1986通)
2009年 2月 代表団派遣。第2回6者協議会。菜の花PJ現地報告会開催。
       4月 専門家スタッフをウクライナへ派遣。ミニバイオガス試作機製造工事、ナロジチ地区住民参画作りに向けた現地調査、広報などを行う。
          2009年チェルノブイリデー「菜の花がひらくチェルノブイリの未来」開催。
       6月 NPO法人チェルノブイリ救援・中部総会
       7月 一坪キャンペーン開始(2011年3月募集終了)
          粉ミルク、被災者3団体への医薬品、ナロジチ地区への医療機器等の購入資金支援。
       9月 専門家派遣、バイオガス装置関連施設工事
      12月 クリスマスカード2008通をウクライナの子どもたちへ贈る。
2010年 2月 代表団派遣。BDF装置確認、BG装置点検、菜の花栽培分析について協議。菜の花PJ現地報告会。
       4月 チェルノブイリ24周年救援企画に参加。
       7月 菜の花畑に日本の出資者の名前を入れた「一坪キャンペーン」看板をたてる。
      12月 クリスマスカード2711通をウクライナの子どもたちへ贈る。
2011年 3月 一坪キャンペーン終了。
       4月 福島第一原子力発電所事故による被害の状況調査訪問。
       6月 南相馬市の放射線測定隊を組織、測定の開始。
       7月 代表団派遣。ウクライナジトーミル州知事とナタネの大規模化栽培の協議。
       8月 南相馬市放射線量率マップの完成。(7月版)
       9月 ウクライナからガイガーカウンタ100台が届く。(「日本を救おうキャンペーン」がウクライナで行われた。)
      10月 測定器の貸し出し開始。
           ワールドコラボフェスタへ福島の市民団体を招聘。梨や復興支援グッズの販売など。
      11月 南相馬市放射線量率マップ完成。(11月版)
      12月 クリスマスカード2205通をウクライナの子どもたちへ、ニューイヤーズカード926通を南相馬へ贈る。
       2月 南相馬市で「放射能測定センター」がオープン。
          代表団のウクライナ派遣。菜の花PJ終了に向けて5ヵ年の分析協議など。

(援助額合計3億9千万円)
      会計報告new44[1].gif

2006年度会計報告(PDF)
2007年度会計報告(PDF)
2008年度会計報告(PDF)
2009年度会計報告(PDF)
2010年度会計報告(PDF)
2011年度会計報告(PDF)
2012年度会計報告(PDF)new44[1].gif

駐在員・現地活動団体 


●ウクライナ駐在員
takeuchi.jpg竹内高明。1961年岡山市生まれ。大学卒業後、奈良市で小出版社に勤めていた86年4月、チェルノブイリ事故を知り、編集に携っていた雑誌でその特集に関わる。87年から94年まで豊橋市の自然食レストランで働きつつ、外国人労働者支援や環境問題関連の市民運動に参加。「チェルノブイリ救援・中部」の活動にもヴォランティアとして参加。94年9月より「救援・中部」駐在員としてキエフ在住。95~01年、キエフ言語大学にて、05~06年キエフ国立大学にて日本語講師。2013年3月帰国。


●現地活動団体(カウンター・パート)

08st08.jpgチェルノブイリ・ホステージ基金
代表:ウラジーミル・キリチャンスキーさん(男性通称キリちゃん)
会計担当:イエフゲーニャ・ドンチェヴァさん
    (女性通称ドンチェヴァさん)
住所:12 Maidan Rad,Zhytomyr 10014、Ukraine, CIS

「ホステージ基金」の役割は、被災者の救援に必要な現地の情報を集めて、日本側に伝えたり、日本からの依頼を現地に伝えたりして、救援がスムーズに行われるようにすること。日本から送られた資金(例えば医薬品購入、奨学金、粉ミルク購入のための費用)を管理し、救援に使ったお金の管理をし、結果を日本側に伝えます。また、年末に行われる「クリスマス・カード・キャンペーン」では日本から送られるたくさんのカードを、現地の病院や学校の子供たちに届ける、などの活動も行っています。

チェルノブイリ・ホステージ基金の由来
「チェルノブイリの人質基金」の意味。ウクライナの汚染地域の人々はチェルノブイリ事故で放射能汚染から逃れられない運命を背負ってしまった、という思いから、こんな名前を付けました。

刊行物  

チェルノブイリ救援・中部の刊行物

とどけ.jpg●とどけウクライナへ ― 私たちのチェルノブイリ救援日誌
         八月書館    1991年
たった一回.jpg●たった一回の原発事故で ― ウクライナの母たちからの手紙
         月刊 湧 増刊号 1993年
チェルノブイリからの手紙.jpg●チェルノブイリからの手紙 ― 被災者との文通交流のために
         チェルノブイリ救援・中部    1997年
評価報告書.jpg●「被災者の居住する移住者村の診療所における医療機器等の整備事業」評価報告書
         チェルノブイリ救援・中部 2005年
未来から示されたサイン.jpgalexievich.JPG●チェルノブイリ 未来から示されたサイン アレクシェーヴィチ講演録
         チェルノブイリ救援・中部他 2006年 再版2012年


※若干部数在庫あります。
※学術研究・各種活動の為に貸し出しもいたします。

●お問い合わせ先

チェルノブイリ救援・中部
TEL/FAX052-732-7172
(月水金 10:00〜17:00)
LinkIcon: chqchubu@muc.biglobe.ne.jp

支援募金・活動のお願い

  被災者支援や地域活力の向上に役立てます
募金バナー.jpg

機関紙「ポレーシェ」

  チェル救活動の「今」をお届けします
ポレバナー.jpg

インターンBLOG

  インターンスタッフのブログ。カードキャンペーンの活動状況などをお知らせします。

リンク集

  協力企業・各地の支援団体・原発情報 (2011/10/28更新)

イベントのお知らせ

  今後の活動予定・お知らせ

チェルノブイリ救援・中部Real_col_HomeB.png
〒460-0012
愛知県名古屋市中区千代田5丁目11番33号
ST PLAZA TSURUMAI 本館5階B号室
TEL /FAX : 052-228-6813
(月水金 10:00〜17:00)
LinkIconchqchubu@muc.biglobe.ne.jp